石岡市 まちかど情報センター  「ひびきろ」

まちかど情報センターは,茨城県石岡市の中心市街地活性化の第1弾として,空き店舗を利用した施設です。
さまざまな事業を通して人と人とが交流し、心の通い合うまちづくりをめざします。
このブログはスタッフが書く日々の記録(ひびきろ)です。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>




インターネット放送

を視聴するときは、
上の画像をクリックしてください



http://business1.plala.or.jp/matikado/
まちかど情報センター



     <ご案内>

住所:
石岡市国府三丁目1-16

開館時間:
午前10時〜午後8時まで

休館日:
木曜日(祝祭日の場合は除きます)
年末年始12月28日〜翌年1月4日

市民サロンにて,軽食程度は可能。
ゴミは持ち帰っていただきます。
館内はタバコ・アルコール厳禁!

お問い合わせ:
TEL 0299-27-5171
FAX 0299-27-5172

machikado3116@saturn.plala.or.jp  


   <施設の内容>

■市民サロンで情報交換

●広域観光情報・情報掲示板
●市民団体のメールボックス
●イベント情報 
●防災情報
●情報誌「まちかどくん」
●仲間とのおしゃべりタイム
★飲み物の販売(お茶・コーヒーなど)



■10〜20人の
  市民の会議室


●団体や商店会・町内会の会議のほかいろいろな講座や講演会に利用できます。
●OHP・パソコンプレゼンテーション機器が用意してあるます。
★使用は無料です。
★予約が必要となります。
 →会議室の詳細はこちら



■インターネット体験

●まちかど情報センターには4台のパソコンが配備され,使用することができます。
もちろんインターネットにもアクセスできます。
★利用時間は
  
一人30分1日2回まで
★使用は無料です
  ※プリンタ出力した場合は
   別途料金がかかります。



■大型ハイビジョンシアター

●市内イベント・講演会中継
●石岡市議会中継



■市役所機能の窓口

●自動交付機で印鑑証明
   ・住民票の交付



■コピー&プリント料金


2015年4月1日より
★コピー
 1枚10円

★プリンタ出力

 プリンター(白黒)/1枚10円
 
★印刷機  製版/1枚100円
     印刷代 1枚につき2円
【用紙は持ち込みになります 用紙をお持ちでない方は用紙代として別途1枚1円、A3,B4は1枚2円】

 


■地図→ ここをクリック





■臨時駐車場周辺マップ→  ここをクリック



■石岡お店めぐりマップ→ここをクリック



■周辺マップと検索→ここをクリック

■QRコード 三次元バーコード


LINKS
<< 寄席で大いに近寄りましょう。 #rakugo #ishioka | main | まちかど寄席:柳家小蝠「何にもないのが宝です。」 #ishioka >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


お問い合わせ:machikado3116@saturn.plala.or.jp
kumo
まちかど情報センター公式ホームページはこちらです→



| スポンサードリンク | - | - | - |
絵地図師・散歩屋高橋美江とあるく石岡再発見 #ishioka

先週の高橋美江さんのまちあるき講座 忘れないうちに。

こういうことをきっかけに、石岡の絵地図も作ってみたい気持ちがどんどん増していきますね。

とりあえずは、まち歩きしてわいわいがやがやと大人が騒ぐオスナニコニコ活動が活発になることを願います。



548485_116877321787151_671833070_n



まずは、講演。

高橋さんの不真面目なようで真面目な、投げやりのようで熱心なお話が、

ざっくり参加者のハートと頭をほぐしたころあいに、まち歩きをスタート。

およそ45分3コースに分かれて(8名〜9名のチーム)5チームが石岡新発見を求めて、

石岡のまちに散りました。

カメラを持っている人は写真を撮影、

そうではない人は、インタビューや観察・・・

不思議・新発見のポイントを探すのも重要だけど、

180255_116878041787079_360003939_n

(窓の小さいビル…)

その不思議を必ず「検証」してください、というのが、高橋さんの指令。

その中から、思わぬ答えが出てくることもあります。

たとえば・・・

いしおかのまちなかには、「十七屋」という履物屋さんがある。

これがなぜか、と疑問に→さっそく検証すると・・・

「草履や下駄を履く=八九=八+九=十七」ということが判明!

これって、やったーと盛りあがりますよね。

いろんな発見をお土産に、情報センターに戻ったら、

各チーム「ショー&テル(show & tell)」の準備です。

検証とともに、みんなの前で発表するという作業が、

これまた、今日の前半部分のワークショップを楽しいものにします。

それと、各チームは自分たちでチーム名をつけること、

その高橋さんからの宿題も、あれやこれやチームの団結心を作ります。

各チームの名前は発見したもの、印象に残ったものを中心に、付けられていくようでした。

発表順に言うと、

★オスナニコニコチーム


529195_116878501787033_117499280_n




これは、石岡小学校にある滑り台に書いてある文字から。

なんとも味わいのある風景です。

528996_116877725120444_1694040690_n




★二宮滑り台チーム


428410_116878695120347_706616348_n


これも、石岡小学校を通ったチームです。

552394_116877585120458_1271139844_n



575899_116877611787122_1108636153_n


ここには、薪も背負わず、本も読んでいない不思議な二宮金次郎がいます。

2チームともこのあとの大きな目的地は總社宮だったのですが、小学校でかなり遊んでしまっています。

石岡小学校の児童たち、児童だった人たちには見慣れた光景が、

メンバーには、とても気になるのでした。

★だがしチーム

529484_116878531787030_1662166114_n



こちらは、北向観音→平福寺→看板建築の中町、清凉寺などまちなか中心チーム

480768_116877955120421_709043817_n

(清凉寺の六地蔵のうちのひとつ)




寿通りの駄菓子屋さん菅屋さんが、印象に残ったのです。

★シシガシラーチーム

250863_116878575120359_623603939_n



だがしチームの反対周り



やはり、駄菓子屋さん、お菓子屋さん、豆屋さん 女性が多かったからかお店中心に回ったようです。


★遅れてごめんなさい買い物ツアーチーム

409769_116878711787012_575547468_n



最後に到着したのは(私と高橋さん含む)金丸コース

鈴の宮神社〜寿通り→北向観音→平福寺→中町 結局熱中したのは、駄菓子屋菅屋さんでのお買い物、福島屋砂糖屋さんで、黒砂糖の秤買いなどなど お買いものとお店巡りの旅を勝手にしてしまいました。もちろん、鈴の宮の小さいお稲荷さんたちや、真ん中でかぎ型にまがった外灯など、まちの不思議ポイントも発見しましたが、ご隠居さんたちの詳しいまちの解説が何よりの楽しいコースでした。

282774_116878445120372_1807808027_n



とにかくなんとかイラストにすること、小さいことでも発表すること、出かける前と作業をしたあとでは、そうすることで、チーム内のコミュニケーションのテンションが確実に変わっていくのでした。


やはり、指導をうけるってすごいことです。

524048_116878725120344_101831939_n




今後もいろんな形で、オスナニコニコ活動を継続していきたいと考えています。
 
ぜひ、第2回につなげていきましょう。
 

お問い合わせ:machikado3116@saturn.plala.or.jp
kumo
まちかど情報センター公式ホームページはこちらです→



| まちかど情報センターひびきろ | まちづくり石岡 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト

お問い合わせ:machikado3116@saturn.plala.or.jp
kumo
まちかど情報センター公式ホームページはこちらです→



| スポンサードリンク | - | - | - |
石小卒業生 (2012/07/07 10:58 PM)
お砂ニコニコ?押すなニコニコ?どっちなんだろう。
この滑り台の下は砂場だったので、自分は前者のお砂ニコニコのイメージですが・・・・。
Catherine (2012/07/09 7:44 AM)
コメントありがとうございます。
オスナ=お砂とは!?
想像もしなかったです。
そういえば、運動場とお砂場は深い縁がありますよね〜。

お砂ニコニコなら、かわいいですね。
一度石岡小学校卒業生皆さんの意見を知りたいです。

次回のまち歩きにはぜひ石小出身者の案内、お願いします!









url: http://ishioka.jugem.jp/trackback/538
蒲原屋のご用命はサイトをご覧頂くか、お電話にてお問合せください。
静岡市清水区の蒲原屋では、大規模小売店舗では買えない食品、乾物、雑穀、調味料など、独自の視点と鋭い切り口で、珍しい商品を取り揃えております。
| 独自の乾物 雑穀なら蒲原屋にお任せ! | 2013/01/21 1:49 PM |