石岡市 まちかど情報センター  「ひびきろ」

まちかど情報センターは,茨城県石岡市の中心市街地活性化の第1弾として,空き店舗を利用した施設です。
さまざまな事業を通して人と人とが交流し、心の通い合うまちづくりをめざします。
このブログはスタッフが書く日々の記録(ひびきろ)です。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>




インターネット放送

を視聴するときは、
上の画像をクリックしてください



http://business1.plala.or.jp/matikado/
まちかど情報センター



     <ご案内>

住所:
石岡市国府三丁目1-16

開館時間:
午前10時〜午後8時まで

休館日:
木曜日(祝祭日の場合は除きます)
年末年始12月28日〜翌年1月4日

市民サロンにて,軽食程度は可能。
ゴミは持ち帰っていただきます。
館内はタバコ・アルコール厳禁!

お問い合わせ:
TEL 0299-27-5171
FAX 0299-27-5172

machikado3116@saturn.plala.or.jp  


   <施設の内容>

■市民サロンで情報交換

●広域観光情報・情報掲示板
●市民団体のメールボックス
●イベント情報 
●防災情報
●情報誌「まちかどくん」
●仲間とのおしゃべりタイム
★飲み物の販売(お茶・コーヒーなど)



■10〜20人の
  市民の会議室


●団体や商店会・町内会の会議のほかいろいろな講座や講演会に利用できます。
●OHP・パソコンプレゼンテーション機器が用意してあるます。
★使用は無料です。
★予約が必要となります。
 →会議室の詳細はこちら



■インターネット体験

●まちかど情報センターには4台のパソコンが配備され,使用することができます。
もちろんインターネットにもアクセスできます。
★利用時間は
  
一人30分1日2回まで
★使用は無料です
  ※プリンタ出力した場合は
   別途料金がかかります。



■大型ハイビジョンシアター

●市内イベント・講演会中継
●石岡市議会中継



■市役所機能の窓口

●自動交付機で印鑑証明
   ・住民票の交付



■コピー&プリント料金


2015年4月1日より
★コピー
 1枚10円

★プリンタ出力

 プリンター(白黒)/1枚10円
 
★印刷機  製版/1枚100円
     印刷代 1枚につき2円
【用紙は持ち込みになります 用紙をお持ちでない方は用紙代として別途1枚1円、A3,B4は1枚2円】

 


■地図→ ここをクリック





■臨時駐車場周辺マップ→  ここをクリック



■石岡お店めぐりマップ→ここをクリック



■周辺マップと検索→ここをクリック

■QRコード 三次元バーコード


LINKS
<< 筑波にそふて 日ぞ長き 正岡子規と石岡 #ishioka | main | 絵地図師・散歩屋高橋美江とあるく石岡再発見 #ishioka >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


お問い合わせ:machikado3116@saturn.plala.or.jp
kumo
まちかど情報センター公式ホームページはこちらです→



| スポンサードリンク | - | - | - |
寄席で大いに近寄りましょう。 #rakugo #ishioka
■先週末のサンド市、相変わらずの雨でした(笑)!しかし、常連さんはお店を出してくださって、またお客様の常連さんも、植木やお野菜などを楽しく選んでいらっしゃっいました。サンド市が月に一度のまちなかの風景になっていければいいなと思います。

 さて、今週は、23日(土)高橋美江さんの講演会「まち歩きと絵地図 いしおか再発見!」、24日(日)まちかど寄席柳家小蝠さんとイベントが続きます。両方の講座・高座をどうセッティングするか考え中です(^^)/ どうぞ、お楽しみに。参加ご希望の方はまちかど情報センターまでお問い合わせください。




高橋さんのまちあるき講座のチラシはコチラ→



まちかど寄席のチラシはコチラ→




ところで、石岡と正岡子規の意外な接点を知り、正岡子規という歌人のことを調べると、この人もまた、改革とオリジナリティーのヒトだということがよくわかってきます。

http://www.sakanouenokumo.jp/shiki/

特にNHKで放送された「坂の上の雲」の中での正岡子規の描かれ方は、これまでの正岡子規像を一気に色づけるものではないでしょうか。

↑のサイトの中に、親しい間柄だった夏目漱石が子規のことを語った文章がいくつか紹介されていて、
そのひとつに、



忘れていたが、彼と僕と交際し始めたのも一つの原因は、二人で寄席の話をした時、先生(子規)も大に寄席通を以て任じて居る。ところが僕も寄席の事を知っていたので、話すに足るとでも思ったのであろう。それから大に近よって来た。



とあります。

漱石と子規に限らず、寄席の話って、ほんと大いにヒトとヒトを近寄らせます。

だから「寄せる席」というのかもしれないのですが(笑)

まだ寄席にいらしたことのない方、落語を生で聞いたことのない方、ぜひその第一歩をまちかど寄席で体験してみませんか?




お問い合わせ:machikado3116@saturn.plala.or.jp
kumo
まちかど情報センター公式ホームページはこちらです→



| まちかど情報センターひびきろ | まちかど寄席 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

お問い合わせ:machikado3116@saturn.plala.or.jp
kumo
まちかど情報センター公式ホームページはこちらです→



| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://ishioka.jugem.jp/trackback/537