石岡市 まちかど情報センター  「ひびきろ」

まちかど情報センターは,茨城県石岡市の中心市街地活性化の第1弾として,空き店舗を利用した施設です。
さまざまな事業を通して人と人とが交流し、心の通い合うまちづくりをめざします。
このブログはスタッフが書く日々の記録(ひびきろ)です。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>




インターネット放送

を視聴するときは、
上の画像をクリックしてください



http://business1.plala.or.jp/matikado/
まちかど情報センター



     <ご案内>

住所:
石岡市国府三丁目1-16

開館時間:
午前10時〜午後8時まで

休館日:
木曜日(祝祭日の場合は除きます)
年末年始12月28日〜翌年1月4日

市民サロンにて,軽食程度は可能。
ゴミは持ち帰っていただきます。
館内はタバコ・アルコール厳禁!

お問い合わせ:
TEL 0299-27-5171
FAX 0299-27-5172

machikado3116@saturn.plala.or.jp  


   <施設の内容>

■市民サロンで情報交換

●広域観光情報・情報掲示板
●市民団体のメールボックス
●イベント情報 
●防災情報
●情報誌「まちかどくん」
●仲間とのおしゃべりタイム
★飲み物の販売(お茶・コーヒーなど)



■10〜20人の
  市民の会議室


●団体や商店会・町内会の会議のほかいろいろな講座や講演会に利用できます。
●OHP・パソコンプレゼンテーション機器が用意してあるます。
★使用は無料です。
★予約が必要となります。
 →会議室の詳細はこちら



■インターネット体験

●まちかど情報センターには4台のパソコンが配備され,使用することができます。
もちろんインターネットにもアクセスできます。
★利用時間は
  
一人30分1日2回まで
★使用は無料です
  ※プリンタ出力した場合は
   別途料金がかかります。



■大型ハイビジョンシアター

●市内イベント・講演会中継
●石岡市議会中継



■市役所機能の窓口

●自動交付機で印鑑証明
   ・住民票の交付



■コピー&プリント料金


2015年4月1日より
★コピー
 1枚10円

★プリンタ出力

 プリンター(白黒)/1枚10円
 
★印刷機  製版/1枚100円
     印刷代 1枚につき2円
【用紙は持ち込みになります 用紙をお持ちでない方は用紙代として別途1枚1円、A3,B4は1枚2円】

 


■地図→ ここをクリック





■臨時駐車場周辺マップ→  ここをクリック



■石岡お店めぐりマップ→ここをクリック



■周辺マップと検索→ここをクリック

■QRコード 三次元バーコード


LINKS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


お問い合わせ:machikado3116@saturn.plala.or.jp
kumo
まちかど情報センター公式ホームページはこちらです→



| スポンサードリンク | - | - | - |
WHAT? or WHO? and Why?  #ishioka
 ■開運お地蔵くんとして、まちかどのギャラリーでみなさんをお出迎えしているお地蔵くんたちは、「美大生と社会を繋ぐ」をテーマに2007年に始まった美大生の総合展覧会THE SIXに出品された作品。2010年12月、原宿ラフォーレミュージアムにて THE SIX2010 が行われ、全国の美術大学から選抜された作品の中から、来場者投票によって、オーディエンス賞を受賞した作家、長谷川維雄が制作した。

THE SIX2010 http://www.the-six.jp/





■作家プロフィール

長谷川 維雄
HASEGAWA FUSAO

1988.8.8生

武蔵野美術大学 造形学部 油絵専攻3年

絵画、彫刻、パフォーマンスなどを中心に活動。

2008 多摩美術大学入学

2010 武蔵野美術大学三年次編入学

オーディエンス賞受賞後2011年6月、DIC COLOR SQUAREにて長谷川維雄展が行われた。
 
長谷川の作品のテーマは、
 
見た人の認識に働きかけることで

作品の世界が日常に浸透していくこと.






■情報センターに展示された3点の作品からも、

絶えず、
 
WHAT? WHO? WHY? という問いかけが発せられ

普段使わない頭や感性のスイッチがONになる。
 
同様に

まちなかの風景のハレとケも、無意識のうちに交感し続けている。

手が届く場所にスイッチがあれば よりわかるはず…

そのスイッチを作るのも私たちの仕事の一部です。 (C)

お問い合わせ:machikado3116@saturn.plala.or.jp
kumo
まちかど情報センター公式ホームページはこちらです→



| まちかど情報センターひびきろ | まちづくりという言葉を聞かない | comments(0) | trackbacks(0) |
ホームページ更新しました。 #ishioka #ibaraki
 ■まちかど情報センターのホームページのリニューアルもかなり進んできました。
 
 マザーシップとなるべきホームページの充実とスタッフブログでのデイリーなおしらせ。二つを並行して行うことを当面の目標にしたいと思っています。
 
 その中でお問い合わせのあった件、最終更新日に更新したパーツがどこなのか?わかりづらい。との声ー確かに、今のところ日々更新更新で微調整していたので、大幅なデザイン更新だけではなく、複数の個所が一日のうちに代わっている!ということがしばしばありました。今後はかなり安定してくると思いますが、一応のルールとして、更新した記事にかんしては、トピックスの欄に、更新内容と日時をコメントすること、とします。目印として、”NEW!”のマークがついています。


 たとえば、今回トップページの中のNEW!の付いた記事は、

☆八郷 「中村いちご園」を訪問しました。詳細はこちらから

☆アクセスに石岡便利帳を追加しました、ご利用下さい。

の二つです。

中村いちご園さんの記事は、動画を案内しています。

また、石岡便利帳のページは、すぐに知りたい!と思うお天気やJR時刻表など石岡の情報をいくつかリンクしています。


今後もまちかど情報センターの”NEW!”から目が離せません(^_^.)

また、インターネット放送のログや、過去の映像などは順次アップされていますので、そちらもお楽しみください。



お問い合わせ:machikado3116@saturn.plala.or.jp
kumo
まちかど情報センター公式ホームページはこちらです→



| まちかど情報センターひびきろ | まちづくりという言葉を聞かない | comments(0) | trackbacks(0) |
雨の一周年記念サンド市速報

今日のサンド市残念ながら雨の一日でした。
でも、そうと決まれば話は早い。
朝からテントを張って、大雨でも対応できるように、屋内型アミューズメントに変身(笑)
がっかりしている暇はない。
むしろ、本日のような困ったがあると、逆に元気が出る体質の人がそろっているのが情報センター。
館内に販売品を移動してのサンド市 ぽつぽつとお客さんが来始める。






何人ものモツ煮込みNO人間の、偏見を打ち砕く、スペシャルな煮込みに脱帽

午後一時ANAKによるサンド市の歌披露



若干緊張気味です。
なかなかいい歌で、子供が歌うとさらに渋い(*^。^*) うちの専属シンガー兼看板娘たち
いつも、私たちスタッフをハッピーにしてくれる天使です。


こうして一日が終わり、旗をしまい、明日に向けて元の情報センターに戻し、サンド市が終わる。 毎回お客様来るかな?と心配になる前日、前々日、そして当日。 かならず、私たちは誰かに助けられる。 今回も、初めてエントリーしてくれたハンドエステのエンジェルさん、煮込みのやぶしんのおかあさん、 りこちゃん、ことちゃん、ANAKのお二人 いい出会いがあるのだ。 初めて会った人による同窓会のようなもの。 帰り際に、やぶしんのおかあさんが、 「あー楽しかった。また次の時も出ていいですか?」 と言ってくれて、 元気百倍 第三土曜日サンド市〜♪ 次回は12月17日(土)です。

お問い合わせ:machikado3116@saturn.plala.or.jp
kumo
まちかど情報センター公式ホームページはこちらです→



| まちかど情報センターひびきろ | まちづくりという言葉を聞かない | comments(0) | trackbacks(0) |
種あかしと・・・ やさとクラフトフェア #ishioka #石岡 #radiotsukuba
■先週の日曜日は、石岡市の商工祭でした。あいにくの雨でしたが、まちづくり市民会議Xまちかど情報センターが制作した「巨大迷路」、どうにか最後まで楽しんでもらえたかな、と思います。毎年、商工祭では、段ボールで迷路を作る、というのがひとつの名物になってきました。今年は前の週にあった御幸通り家族秋祭りで使った絵本のおうちの部品があったので、それも迷路の壁に再利用しました。この段ボールを集めるのが、大変でしょうとよく聞かれます。まちかど情報センター=段ボールを細工する、というのもひとつの定説のようになっています(笑) 段ボールを使ってあれこれ作るとき、普段の工作のときにそうするように、家庭に残っている段ボールを集めておいてこういった作業の時に使ったり、近くのスーパーやドラッグストアに行って空き箱をもらってくることもあります。また、お化け屋敷や今回の迷路のような巨大創作物を作るときは、大型家電店やまちなかの電気屋さんにお願いして冷蔵庫の箱を頂きにいきます。冷蔵庫の箱はとても頑丈にできているので、この箱をゲットできたときには、いやおうなくテンションがあがります(笑)。しかし、今回のように100個以上の段ボールが必要な場合は、毎年、坂田エンタープライズという資材の回収業者の方からお借りしています。そして、イベントが終わったら、また返却します。ゴミを増やすのではなく、段ボールたちには、再生工場へ行くのをすこし遅くしてもらっている、ということです。


まちかど情報センターとNPO法人まちづくり市民会議という関係が分からないと、なんでまちかど情報センターの人がイベント広場の真ん中で迷路作ってるんだろ?ということになります。

少し長くなりますが、お話しします。まちかど情報センターというのは、石岡市の施設です。どういう施設かというとHPをみてもらうとわかります。石岡市民をはじめ多くの方に利用していただくために、スタッフ一同働いています。しかし、情報センターを運営しているのは、石岡市により指定管理者として任命されたNPO法人まちづくり市民会議という非営利団体なのです。指定管理者に選ばれる条件として、この場所をみなさんに認知していただき、石岡発の情報を発信し、最終的には中心地の活性化を目指して、この場所を使ったまちづくりを考えていく役割を担っているのです。

NPOまちづくり市民会議≒まちかど情報センターと考えていただいても一向にかまいません。まちの人たちはみなさん「まちかどさん」と呼んでくださっています。

NPOまちづくり市民会議にとって市から預かった予算は大変貴重なものです。これは、情報センターを運営するために使っていきます。そしてまちづくり市民会議の「豊かなまちづくり」を指標にした様々な事業のための費用は自分たちで創り出さなくてはいけません。おもに会費や館内で利用していただく印刷機などの収益で充当します。
だからこそ、1円でも無駄にはできません。お金がないのを逆手にとって、知恵と根性で乗り切らなければいけない側面ばかり。まちなかの方々の協力、ボランティアの協力がなけれなできないことだらけなのです。
しかし、だからこそアイデアのヒントが生まれることもある。そう考えて毎回、低予算のビッグ企画を準備しています。たくさんの人と交流したいと考えています。協力してくださる方々の強みを生かすというのも重要な経費削減ポイントなのです。まちづくりのために何かひとつやってみたい、と思う方はどうぞ情報センターを覗いてみてください。お待ちしています。


巨大迷路の様子は、まちかど情報センターのHPでも見ることができます⇒GO!


■さて、話は変わりますが、インターネット放送も、その低予算のまちづくり事業のひとつ。毎回いろんな方とお会いすることで、パワーを頂くことが多く、またまちづくりのヒントもたくさん教えていただいています。今週のインターネット放送まちかど3116には、11月18日ー20日にやさとで行われる「やさとクラフトフェア」の仕掛け人ゆーみつさんに出演していただきました。今年18回目を迎えるクラフトフェア、その間にはいろんなご苦労があったかと思いますが、これぞ、手作りのおまつりの見本でもあります。楽しい放送をごらんください。




詳しいやさとクラフトフェアの内容はこちらをごらんください。⇒「やさとクラフトフェア」

本日11月9日(水)午後7時半〜 84.2Mhzラヂオつくばアットタウンいしおかにも、ゆーみつさんが登場します。 サイマルラジオで聴くことができます。#radiotsukuba #ishioka #石岡 http://www.simulradio.jp/#kantou




お問い合わせ:machikado3116@saturn.plala.or.jp
kumo
まちかど情報センター公式ホームページはこちらです→



| まちかど情報センターひびきろ | まちづくりという言葉を聞かない | comments(0) | trackbacks(0) |
あらためて、イベントとは… #石岡 #ishioka #まちづくり #ibaraki
御幸通り家族秋祭りが終わって…あらためてイベントを考える。

商店街単独で行うイベントとして、七夕まつりと今回で2回目。

計画がたてられ実行に移された段階になり商店街の人々が計画に押しつぶされそうになっていた。

企画の善し悪しはともかく、情報センターと御幸通り商店街は、キャッチボールをしながらまちを考えている仲である。 

「どうしたらよいか わからない。こんなイベント引き受けられない。」

と言う声を聞いた。

聞かなかった、ことにできないことはない。

が、

少しずつだが、商店街とまちづくり市民会議(情報センターの運営を通して)はともに歩んできた。

ここで手を貸さなければ、関係が崩れてしまう やっとつながりつつある絆が・・・





私たちにできることは何か

何が手伝えるのか

商店街がやることではなく、側面からより良いイベントになるような効果を考え実行することにした。

歩行者天国の路上であることを忘れさせるような空間を創ること


-----------------------------------------------------------

こどもたちは、囲まれた空間が好きだ

本の中に迷い込んだような空間を創ろう!

-----------------------------------------------------------

業務の中の作業は無理なので勤務外のスタッフを総動員して、積み木や飛び出す絵本をイメージした空間を作り上げた。

石岡のまちに、これほど原色が似合うとは!!

童話の世界に、本物の(笑)こどもたたちが溶け込む、思いもよらない空間が創り出せた。

子どもたちは絵本の中の主人公のように遊んでいた。

商店のおかみさんたちは、エクスチェンジの商品のディスプレイ、販売などさすがにプロフェッショナル。始まってしまえば、堂々としている。

準備中にどうしたらよいか、と苦悩していたおかみさんたちには自信を持った笑顔が戻った。

楽しい空間で楽しく販売…会話が生まれる。










イベントは、スペシャル2時間バラエティ 

予算をかけ、キャスト・製作費を豪華にできる。

しかし、

まちづくりは、連続ドラマ

日々、いろんなことが起こり、お金を使わぬようにやりくりして、知恵と工夫をしなければのりきれない。

スペシャル番組でついたファンを連続ドラマまで継続させられるか

そのファンをがっかりさせないように、連続ドラマのクオリティを保ちつづけることができるか

そこにまちづくりの難しさが(同時にやりがいも)ある


ならば、

イベントをその時だけのものにしては意味がない。

何のために行うのか、議論し、まちなか全体の意思統一をする必要がある。

簡単に活性化はできないのだ。

打ち上げ花火(イベント)⇒活性化 多くのまちで試みられてきたが、成功例はあるのだろうか?

この図式は、頭から信じていいんだろうか?

補助金のために形だけ繕うようなイベント

そのために皆が疲弊してしまうイベントはやらないほうがよい。

まちを潰すことになりかねない。

心豊かな人々が、豊かなまちを創る。

そんなまちは、誰もが行ってみたいと思う。

(T)














お問い合わせ:machikado3116@saturn.plala.or.jp
kumo
まちかど情報センター公式ホームページはこちらです→



| まちかど情報センターひびきろ | まちづくりという言葉を聞かない | comments(0) | trackbacks(0) |