石岡市 まちかど情報センター  「ひびきろ」

まちかど情報センターは,茨城県石岡市の中心市街地活性化の第1弾として,空き店舗を利用した施設です。
さまざまな事業を通して人と人とが交流し、心の通い合うまちづくりをめざします。
このブログはスタッフが書く日々の記録(ひびきろ)です。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>




インターネット放送

を視聴するときは、
上の画像をクリックしてください



http://business1.plala.or.jp/matikado/
まちかど情報センター



     <ご案内>

住所:
石岡市国府三丁目1-16

開館時間:
午前10時〜午後8時まで

休館日:
木曜日(祝祭日の場合は除きます)
年末年始12月28日〜翌年1月4日

市民サロンにて,軽食程度は可能。
ゴミは持ち帰っていただきます。
館内はタバコ・アルコール厳禁!

お問い合わせ:
TEL 0299-27-5171
FAX 0299-27-5172

machikado3116@saturn.plala.or.jp  


   <施設の内容>

■市民サロンで情報交換

●広域観光情報・情報掲示板
●市民団体のメールボックス
●イベント情報 
●防災情報
●情報誌「まちかどくん」
●仲間とのおしゃべりタイム
★飲み物の販売(お茶・コーヒーなど)



■10〜20人の
  市民の会議室


●団体や商店会・町内会の会議のほかいろいろな講座や講演会に利用できます。
●OHP・パソコンプレゼンテーション機器が用意してあるます。
★使用は無料です。
★予約が必要となります。
 →会議室の詳細はこちら



■インターネット体験

●まちかど情報センターには4台のパソコンが配備され,使用することができます。
もちろんインターネットにもアクセスできます。
★利用時間は
  
一人30分1日2回まで
★使用は無料です
  ※プリンタ出力した場合は
   別途料金がかかります。



■大型ハイビジョンシアター

●市内イベント・講演会中継
●石岡市議会中継



■市役所機能の窓口

●自動交付機で印鑑証明
   ・住民票の交付



■コピー&プリント料金


2015年4月1日より
★コピー
 1枚10円

★プリンタ出力

 プリンター(白黒)/1枚10円
 
★印刷機  製版/1枚100円
     印刷代 1枚につき2円
【用紙は持ち込みになります 用紙をお持ちでない方は用紙代として別途1枚1円、A3,B4は1枚2円】

 


■地図→ ここをクリック





■臨時駐車場周辺マップ→  ここをクリック



■石岡お店めぐりマップ→ここをクリック



■周辺マップと検索→ここをクリック

■QRコード 三次元バーコード


LINKS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


お問い合わせ:machikado3116@saturn.plala.or.jp
kumo
まちかど情報センター公式ホームページはこちらです→



| スポンサードリンク | - | - | - |
まちの元気な人 「石岡駅駅長さん」
ekichou笑顔がさわやかなJR石岡駅の駅長さん、加藤幸義さんにお話を伺いました。


◆石岡駅に赴任されてどれくらいですか?また、石岡の印象をお聞かせください。
 
「今年で4年目に入りました。まちの印象をひとことで言うと、ひとが少ないですね。乗降客も約一万二千人で毎年右肩下がりの状況です。鹿島鉄道の廃線もダメージが大きかったです。特に今年はインフルエンザ、不景気、両方の影響で利用者がかなり減少の傾向にあります。」


◆あのー…唐突ですが、駅長さんのお仕事って何ですか?

「うーーん。非常にむずかしい質問ですね。全般的なことですかねぇ?!」



◆では、その中でも特にモットーとしている事とは?


sinjin「明るく、楽しく!という職場を常に心がけています。我々はサービス業です。一度嫌な思いをなさった方は、二度ときてくれません。一人でも多くの方に利用していただき、リピーターになっていただくことが大事です。では、どうすればよいのか?…たとえば、切符を買うのに戸惑っている方、改札への案内などお客様へのお声掛けを率先して行っています。また、掲示物の期限切れのチェック。一人の目ではなく、何人もの目で…そうすることでよりキメの細かなサービスができるのではないかと考えます。」


昼休みを利用し、街中を散策しているイケダン(=イケてる男子)駅長さんをよく見かけます。○○屋の▽▽がおいしい、などぐるめリサーチもばっちりです。石岡のまちのハード面も大事ですが、ソフト面の充実の大切さを駅長さんより教えられました。


お問い合わせ:machikado3116@saturn.plala.or.jp
kumo
まちかど情報センター公式ホームページはこちらです→



| まちかど情報センターひびきろ | まちの元気な人 | comments(0) | trackbacks(0) |
「走る人」 長谷川 功さん
hasesan1■今回のまちの元気な人は、うきわくに「中世城郭の歩き方」というエッセイを連載してくださることになったNPО法人石岡総合スポーツクラブ理事長の長谷川功さんを紹介いたします。
 長谷川さんを一言で表すと、まさに「走る人」。好調時には「一日10勸幣紂月に2回ほどの大会参加、走行距離は年間約4,000劼肪します。」マラソン100回分!でも、それだけではなく、「打つ人」でもあるのです。もともとは大変なテニス好き。テニスのための走力強化として走ることを始められたのだそうです。「今は、脚をいためてしまい、以前のようにテニスをすることがすくなくなりましたが、今後柏原テニスコートで、誰でも気軽に参加できるテニスクラブを作ることを考えています。」テニスの好きなみなさんに朗報が届く日も近いようです。
 そして、脚を故障された事が、きっかけになったウォーキングは、ただのまち歩きにはとどまらず、「滝」「城郭」といったテーマを決めて、コースを選び、歴史・風土などを調査するというものです。石岡総合スポーツクラブでは、企画したウォーキングが、多くの方の参加で好評とのこと。もちろん、長谷川さんご自身が、企画・調査・はては、ガイドまでもこなしてしいます。将来は、石岡市全体を「ウォーキングの里」として、楽しいまち歩き、里歩き、山歩きのできるまちとなることも構想されていらっしゃいます。
 長谷川さんは、楽しみを持って体力を鍛え、走り、鉄人の域に達していますが、行く場所に必ず好奇心を携えて、次々に知的遊び場を作りだしていく「知」のアイアンマンでもある、とここに称賛せざるを得ません!
 石岡のまちは、私たちにとって、住む、働く、学ぶためのまちです。そこがまるごと「知の遊び場」となれば、どんなに楽しいでしょう。石岡には、歴史があり、自然があり、古き良き時代もあります。しかし、まだまだ知らないところがたくさんあります。 長谷川さんのようなよき案内人と一緒に、少しずつ探検して行けたらと思います。
 なお、3月には、長谷川さんを講師に招いて公開講座を実施する予定です。ウォーキング、まち歩きに関心のある方はどうぞお越しください。



koukaikouza

お問い合わせ:machikado3116@saturn.plala.or.jp
kumo
まちかど情報センター公式ホームページはこちらです→



| まちかど情報センターひびきろ | まちの元気な人 | comments(0) | trackbacks(0) |
まちの元気な人 「笑魚堂」

wara1情報センターでは、石岡のおまつりにかかせないお獅子、ひょっとこ、おかめ、ささら、などのキャラクターのストラップを販売しています。これは、地元の「笑魚堂」さんが一個一個手作りで作られているものです。特にお祭りの期間中はこのストラップを買い求めて遠方より訪れる方もいらっしゃるほど人気のある商品です。今回は、お祭り出荷用の制作で大忙しの仕事場をお尋ねして、お話を伺いました。


◆家業が釣り具屋さんのお嬢さんが、お店の奥の仕事場で、一個一個手作りで仕上げています。 作り上げるまでの手順をお聞きしました。


「まず、お顔を紙ねんどでかたどり、それを乾燥させ色つけ、目鼻をいれて、うわぐすり、 それを繰り返します。それからがまた一苦労。それぞれのお顔にあった、 組ひも、ひもの組み方、とんぼ玉あるいはこれも手塗りの玉を組み合わせ、 つなげます。 ふたつと同じものがないように、工夫しています。
 いしおかのお祭りが、あと3週間あまりと近づきました。 おまつり期間中の3日間の出荷分をなんとか仕上げようと、今が一年で一番忙しい時です。」


wara2◆この仕事を始められたきっかけについてもお聞きしました。

「もともと和裁の職人なのですが、地元に戻ってきて、ふと石岡のお土産ってなんだろう、と考え、このお祭りを題材にしたストラップを思いつきました。今から5年ほど前に試作したときは、本当に試行錯誤の繰り返しでした。和裁の知識もいかしながら、お顔の表情も次第に改良して行き今の形におさまりました。今では、おまつりストラップだけではなく、ひなめぐりのときのお雛様ストラップや、合格だるまバージョン、鯉のぼりバージョンなど季節感を取り入れて新作に挑戦しています。また、材料も価格だけを考えれば、問屋さんで仕入れるほうが安いのですが、地元に少しでも貢献できるようにと、できるだけ地元の手芸屋さんや、とんぼ玉を扱う雑貨屋さんなどから仕入れるようにしています。100%石岡のもので作った石岡みやげ、というものにこだわっています。」




wara3◆仕事場には、これまでみたことのないデザインのストラップもちらほら見えますが?


「定番のお獅子、ひょっとこ、おかめに加えて、 毎年ひそかに人気のおきつねさん、太鼓、なども準備しています。 今年は新商品、幌つきのお獅子を製作中です。 今までのお獅子と違い、縦じまや朝顔模様の幌をかぶっています。また、超レアなヤタガラスやササラ、ダチョウの羽つきの狐、両面のおかめさんなどもあります。毎年違うものを買い足していくコレクターの方もいらっしゃいます。とにかく、おまつりやひなめぐりで、石岡に来た時に、町を楽しんでいただき、思い出にストラップを気に入ってもらえるように、日々工夫しています。」



 すでに、石岡のおまつりの新おみやげとして定着しつつあるおまつりストラップですが、地元・石岡への熱い想いがぎっしり詰まっているようです。
 本当にお忙しい中、取材に協力していただき、ありがとうございました。




お問い合わせ:machikado3116@saturn.plala.or.jp
kumo
まちかど情報センター公式ホームページはこちらです→



| まちかど情報センターひびきろ | まちの元気な人 | comments(0) | trackbacks(0) |