石岡市 まちかど情報センター  「ひびきろ」

まちかど情報センターは,茨城県石岡市の中心市街地活性化の第1弾として,空き店舗を利用した施設です。
さまざまな事業を通して人と人とが交流し、心の通い合うまちづくりをめざします。
このブログはスタッフが書く日々の記録(ひびきろ)です。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>




インターネット放送

を視聴するときは、
上の画像をクリックしてください



http://business1.plala.or.jp/matikado/
まちかど情報センター



     <ご案内>

住所:
石岡市国府三丁目1-16

開館時間:
午前10時〜午後8時まで

休館日:
木曜日(祝祭日の場合は除きます)
年末年始12月28日〜翌年1月4日

市民サロンにて,軽食程度は可能。
ゴミは持ち帰っていただきます。
館内はタバコ・アルコール厳禁!

お問い合わせ:
TEL 0299-27-5171
FAX 0299-27-5172

machikado3116@saturn.plala.or.jp  


   <施設の内容>

■市民サロンで情報交換

●広域観光情報・情報掲示板
●市民団体のメールボックス
●イベント情報 
●防災情報
●情報誌「まちかどくん」
●仲間とのおしゃべりタイム
★飲み物の販売(お茶・コーヒーなど)



■10〜20人の
  市民の会議室


●団体や商店会・町内会の会議のほかいろいろな講座や講演会に利用できます。
●OHP・パソコンプレゼンテーション機器が用意してあるます。
★使用は無料です。
★予約が必要となります。
 →会議室の詳細はこちら



■インターネット体験

●まちかど情報センターには4台のパソコンが配備され,使用することができます。
もちろんインターネットにもアクセスできます。
★利用時間は
  
一人30分1日2回まで
★使用は無料です
  ※プリンタ出力した場合は
   別途料金がかかります。



■大型ハイビジョンシアター

●市内イベント・講演会中継
●石岡市議会中継



■市役所機能の窓口

●自動交付機で印鑑証明
   ・住民票の交付



■コピー&プリント料金


2015年4月1日より
★コピー
 1枚10円

★プリンタ出力

 プリンター(白黒)/1枚10円
 
★印刷機  製版/1枚100円
     印刷代 1枚につき2円
【用紙は持ち込みになります 用紙をお持ちでない方は用紙代として別途1枚1円、A3,B4は1枚2円】

 


■地図→ ここをクリック





■臨時駐車場周辺マップ→  ここをクリック



■石岡お店めぐりマップ→ここをクリック



■周辺マップと検索→ここをクリック

■QRコード 三次元バーコード


LINKS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


お問い合わせ:machikado3116@saturn.plala.or.jp
kumo
まちかど情報センター公式ホームページはこちらです→



| スポンサードリンク | - | - | - |
石岡お店めぐり 菅屋菓子店
■クラシカルなたたずまいに、ちょっと覗いてみたくなる、明治後期から続く駄菓子屋さんの四代目ご主人にお話を伺いました。上生菓子と対照的な意味で“駄”と名付けられた駄菓子は、江戸時代は一文、昭和初期には5銭と、子どもが小銭を握りしめて買える至福の食べ物だったとか。今でも、小学生が42円を手に、お気に入りの駄菓子を買いに来たりするそうです。駄菓子の良いところを伺いました。「一日かけて乾燥させたお菓子は、日持ちがする、腹もちがよい、そして、何より安い、ことです。黒糖・あんこ・麦粉などの自然の甘味が疲れたときに重宝です。」「お菓子の名前は引きこき、けしねじ、亀ぱん、島田など形や作り方、材料に由来するものが多いですね四角い形の『島田』は文金高島田からきているそうで、なるほど、真ん中がちょっと膨らんでいて髷のようにも見えます。



 そんなお話をお聞きしている間にもお客様が次々といらっしゃいます。お目当てのあんこ玉、今日は売り切れ。数多くは作れないので、なかなかお目にかかることがなく、情報センターでは、伝説になっているお菓子です。今回、事前注文や地方発送もできると教えていただいたので、次回は予約をして訪れたいと思います。千葉や水戸からも、頂いておいしかったから、と買いにきてくださる方もいらっしゃるそうです。

  「お客様に喜んでいただき、一度だけではなく、二度三度訪れてみたい魅力ある街になってほしい。情報センターには、石岡の情報発信をお願いしたい。」とご主人。わがまち石岡にこんな伝統を守る駄菓子屋さんがあることを自慢したい気持ちでいっぱいで帰路につきました。(手には大きな袋菓子が…)

お問い合わせ:machikado3116@saturn.plala.or.jp
kumo
まちかど情報センター公式ホームページはこちらです→



| まちかど情報センターひびきろ | お店マップ | comments(1) | trackbacks(0) |
石岡お店めぐり お弁当たやま
■日頃スタッフが、昼食のお世話になっているたやまさん。まずは、お店の歴史から伺いました。「もともと江戸時代の末期から、この場所で小間物屋をしていたのが、始まりです。当時は、東京まで仕入れに行き、商品は水路を使い、高浜で荷揚げするという方法だったそうです。」石岡が当時県南第一のにぎわいを見せていた町であったことが伺いしれます。その頃は土蔵造りのお店(たな)だったそうです。その後昭和30年代後半、先代がお寿司のお店を開業、昭和52年に現在のたやまのご夫婦が結婚されたのを機に、当時できたばかりのカスミの中に出店されて、今の弁当寿司の形でのスタートとなりました。たやまと言えば寿司、というごひいきの方も多く(商売の方にとっては、お寿司のほうが手軽に食事ができて便利なので)、開業以来、お寿司とお弁当を並行して販売しているそうです。私も仕事が忙しいときはお寿司、パワーをつけたいときは、好物の親子丼やカツカレーを食べたくなります。現在企画中の『やさとシャモ弁当』も楽しみです。お店のモットーは「お弁当は、いつも温かく!アイデアは、常に新しく!」ご主人は、日本中の若者が一番熱かった世代の方。商売にもまちの活性化にも熱い情熱をもっていらっしゃいます。その時代を過ごした世代には、現在の草食系と言われる若者のおとなしさが物足りなく感じるとか。まちなかでフリーマーケットをやったり、朝市をやってはどうか?と熱い思いはとどまることがありません。来年のひな巡りのことも中心になって、動いてくださっています。私たち情報センターが、その情熱をしっかり受け止め、お店の間をつなぐ役割をしていければ、「思い」を形にしていくことができるのではないか、と考えます。



「お弁当は温かく!アイデアは新しく!」


お問い合わせ:machikado3116@saturn.plala.or.jp
kumo
まちかど情報センター公式ホームページはこちらです→



| まちかど情報センターひびきろ | お店マップ | comments(0) | trackbacks(0) |
石岡お店めぐり 栗山呉服店
noren今回は創業百年を超える栗山呉服店さんを訪ねました。
  創業時は紙やお茶を扱っていらっしゃったそうです。石岡の大火の後、昭和七年に現在の場所に移転し、奥さまで四代目となるそうです。美しく、たおやかなお姿からは想像がつきませんが、以前はママさんバレーに熱中していた時期もあったそうです。今は週に一回のコーラスを楽しみにしておられるとか(これはイメージ通りです)。 kuriyama 


昭和三十年代、街が賑わっていたころは、行商の方たちの手によって反物がさばかれていたこともあったそうです。昨今のお客様の様子をうかがうと

「十代のお嬢さんが和の小物を探しに訪れたりします。また、昔の着物と小物の組み合わせが分からないのでアドバイスしてほしいというお客様もいらっしゃいました。うちのことが載っている本を読んで初めて来たという男の方が着物を仕立てていったりもしたんですよ。」

奥様のていねいな応対にお客様が笑顔で帰られたのはいうまでもありません。


「どんな方がいらしても平等に対応するのが店の信条です。」

そのひとことに、呉服屋さんというだけで敷居を高く感じてしまう私たちには何とも心強くうれしい限りでした。


mame◆「気軽に買えるオススメの商品はありますか?」とお伺いしたところ、紹介してくださったのが豆ハンカチ。値段もお手頃でポケットに入れても厚みがないので勝手が良い。何にもまして柄がかわいい!今年流行のてぬぐいマフラーと同柄で揃えることもできます。百聞は一見にしかず。さあ、みなさん!お店に行って手に取ってみてください。やさしい手触りにほっとしますよ。

お問い合わせ:machikado3116@saturn.plala.or.jp
kumo
まちかど情報センター公式ホームページはこちらです→



| まちかど情報センターひびきろ | お店マップ | comments(0) | trackbacks(0) |
石岡おみせめぐり マスヤ手芸センター本店
masuyaみゆき通りのぶつかったところ、石岡駅から見上げると、まっすぐその先に見えるのが手芸センターマスヤ本店さんです。明治38年日露戦争の年に創業。商号は、初代が勤めていた水戸のお店からのれんわけをされたものです。三代目のご主人は、地元をこよなく愛している方。石岡を活性化するにはどうしたらよいのかと、逆に質問をされての取材でした。
 
 「糸と綿」の統制品の商いから始め、戦後は、手芸・毛糸・刺繍糸の小売と卸を行っているとのことでした。かつての石岡は和裁学校や和裁所が多く、お店も材料をもとめて多くのお客様で賑わっていたそうです 車社会の影響で全国的に見られるシャッター通り、中心市街地の衰退は、石岡も同様で、まちに人がすくなくなりました。そのような中で、なぜのれんを守っているのかとの問いに、

「友人が訪れてくれるのです。話をして生きる力をもらえるのです。」

という返事がかえってきました。お年を聞いてびっくりするくらいお若く見えるご主人の元気の素がお店なのです。

masiya 「地域の憩いの場」という定番商品を売るマスヤさん。古き良き時代を知るご主人とそこに集う方たちのように、ふるさとを語る場があちこちにできることよって、新しい石岡を再生する力、再生する方向が形作られるように思えてきました。

 取材中、お買い物をされたお客様に品物と一緒に冷えた缶コーヒーを差し上げていました。「あら、前にも頂いたのに」と言われるお客様に

「また、来てくださいね」

とさりげなく言われるご主人。


商いの中におもてなし、優しさが見えるような会話です。 一度買い物に来られたお客様は、みんな「マスヤ・ファミリー」の一員になってしまう、大型店舗には見られない、あたたかなお店でした。情報センターも、マスヤふれあいセンターに負けないようなおもてなしを目指します。

お問い合わせ:machikado3116@saturn.plala.or.jp
kumo
まちかど情報センター公式ホームページはこちらです→



| まちかど情報センターひびきろ | お店マップ | comments(0) | trackbacks(0) |
石岡お店めぐり「本田屋菓子店」
hondaya2お香の上品なかおりに誘われるまま、お店のなかに・・・。「こんにちは」と元気にお迎えしてくださったのは、『本田屋菓子店』のおかみさんです。店先には、昭和33年と記された端午の節句人形が飾られていました。「息子のものなんですよ。最近は、おひな様ばかりがクローズアップされ、男の子がかわいそうでしょ。それに、買ってくれた親への感謝の意味も込めて飾ることにしたんです。」本田さんには、ひな巡りの期間中とても懐かしいお雛様が飾られていたので、今度は…と期待して、五月人形めあてのお客様もいらっしゃるとか。


「今年のひな巡りは、ちょっと前宣伝が、おとなしすぎたのかなぁ?人出は、もう一つだったような気がします。でも、たくさんの方とお話ができ、その中にはご実家が石岡でとても懐かしくご覧になられている方もおりました。来年はもっと早くから準備して、たくさんの方に来て頂きたいですね」と早くもいろいろとアイデアを考えていらっしゃるようです。お店のお話をお聞きしました。「私どもで、12代目です。戦前は、食玩の卸しをしていて、だいぶ大規模にやっていたようです。私が、嫁いでから昭和30年〜40年代は、石岡の街もそれはそれは賑わっていました。鹿島鉄道を利用し、鉾田方面からのお客さんも多かったですね。時には、百里基地の方々が満員で乗り切れず、貨車で来るようなこともありました。また、当時は、花嫁修業も盛んな時代で、和裁学校もいくつかあり、人が、周辺の町村から石岡へ流れていました。隣がバス停ということもあり、時間帯によっては、レジが間に合わない位でした。」「今は、商品を数種類に絞り、ここに来れば必ずあるというような商いを心がけています。」本田屋さんの一番の魅力は、ただ単に物を売るのではなく、お客さんがいつのまにか笑顔になる、おかみさんとの会話にあるようです。
waresen

お問い合わせ:machikado3116@saturn.plala.or.jp
kumo
まちかど情報センター公式ホームページはこちらです→



| まちかど情報センターひびきろ | お店マップ | comments(0) | trackbacks(0) |
石岡お店めぐり「カギヤ楽器店」
kagiya ■八間通りをまっすぐ上ったつきあたりの交差点にあるのがカギヤ楽器さん。若い店長さん、奥様、大奥様勢ぞろいの中、楽しく懐かしいお話を伺いました。創業時には、「鍵屋」という名前の問屋さんで、おもに際物(キワモノ)と称される、季節の品物を扱っていらっしゃったのだそうです。「正三五、と言って、お正月用品、お雛様、端午の節句飾り、こういうものを卸しておりました。」と大奥様。旦那様がギターがお好きだったこともあり、次第に楽器を扱うようになったそうです。「数十年前までは、浅草橋、上野などで仕入れた楽器も駅前から馬車で運んでいたんですよ。」と奥様。今では想像できないほのぼのとした風景に思いをはせてしまいました。戦後になり、「カギヤ」さんに改名。復興時の日本の若者にとっては音楽が何よりも楽しい余暇となったことで、お店はますます繁盛し、おもちゃ部門を分けて、ピノキオさんに譲り、カギヤさんは楽器専門店になりました。また、昭和33年には、東京より先生を迎えて、県下初の音楽教室を開きました。(その教室は現在、7か所に増え、1歳から楽しめる教室も開かれているそうです。)昭和50年ごろには、2階に貸しスタジオを設け、当時盛んにおこなわれていた、音楽祭に出場する若者に練習の場を作るなど常に茨城の音楽のパイオニアとして石岡市民の音楽活動に貢献してこられました。




kagiya2 最後に、店長さんから「若い人たちが足を運びたくなる魅力ある町にしましょう!」と力強いお言葉。また、情報センターに期待することとして、「お客様の本音や評価をじかに聞くことは案外むずかしいのです。いったい自分たちに求められているのは何なのか?冷静に受け止めて、変えていく姿勢が一番大事なのでしょうが、その声をわたしたちに代わって聞いてくれる場所になってもらえれば、と思います。」ということでした。まちなかの若い店主のみなさんが中心となり、情報センターとの連携プレーを実現して行きたいですね。

お問い合わせ:machikado3116@saturn.plala.or.jp
kumo
まちかど情報センター公式ホームページはこちらです→



| まちかど情報センターひびきろ | お店マップ | comments(0) | trackbacks(0) |
いしおかお店めぐり 「寿し政」
mukasisusimasa■通称八間通りのひとつ目の細い路地を入ってすぐに、開運稲荷が見えます。その向かいの赤いのれんのお店が寿し政さんです。お昼と夜の準備のお忙しい時間の合間を縫って、お話をうかがってきました。看板に創業昭和25年とありますが、お店を始められたのは、ご主人のお父様ですか?
 「はい。昭和十年代は、日本が本当に貧しく、生活も厳しい時代。父は子ども心に、食べ物の商売をやれば、自分が飢えるという心配はなかろうと考え、家業の大工の仕事を継がず、日本橋のお寿司屋さんに修行に出ると決めたそうです。」弟子入りしたとはいえ、まだまだ中学を出たばかりの子供で、修業は大変だったと、よく当時の思い出話を聞かされたそうです。最近出た写真集の中に、うちの若い衆を写したものがあります、と見せていただきました。大きな桶を自転車の荷台に載せた姿は、先代の数々の武勇伝とともに、日本がバイタリティあふれる時代だった当時を偲ばせるものでした。ご主人のお話がとても楽しくて、時間の経つのを忘れてしまいました。





susimasa1 ご主人の代になられてからも、時代とともにお寿司屋さんも変わってきましたか?と伺いました。
「もちろん、昔の石岡は大きい縫製工場や精工舎などのたくさんの工員さんを使う工場があり、駅には続々と人がおり立ち、バスで工場までピストン輸送していたのですから、ひとの頭で道が見えないほどの混雑の時もありました。その後もコーキと西友の間にはひとつの流れがあり買い物客が多く休みの日は多くの人出がありました。しかし、バブルの崩壊とともに、石岡から活気が遠のいてしまいました。その後も石岡に限ったことではありませんが、大きい工場や営業所の方あるいはそこへ訪ねてくるお客様のご利用というのがすっかり減ってしまいました。また、個人のお客様でいうと、出前が昔に比べると10分の1くらいになってしまった、ということもあります。」確かに外食が増え、自宅にお客様を招いてお寿司をとる、とい日本人の食の文化が変わってしまったことも、大きいでしょう。



mamasusimasa 「それでも、たくさんの常連のお客様に愛されて、店を続けていくことができます。そのためにも、新鮮で上質の素材を使ったものを出したいと考え、築地まで仕入れに行くことも多いのです。今現在セリに掛ける「マグロ、うに、生けもの、アオイリカ」以外のネタも数多くの魚屋の中からいいものを厳選して仕入れるように心がけています。」と、やはりここでも『本業』へのこだわり・情熱の大切さを教えられました。そうこうしているうちに夜の部の準備の時間が近まり、大おかみのお母様がお店に出ていらっしゃいました。こうして調理場の隅にいらっしゃることが多いそうです。昭和のお話、おかみさんからもじっくり伺いながら、おいしいお寿司とお酒を楽しんでみたいと思います。


◆寿し政さんの楽しいお話をもっと聞きたい方は、こちらへどうぞ⇒URL

 
        営業時間は、12時から2時 4時から夜10時まで
        定休日は、日曜日です。
        にぎりは、1250円〜2980円
        評判のお弁当は要予約です。


ミニニ石岡お店めぐりマップはこちらです。見る

お問い合わせ:machikado3116@saturn.plala.or.jp
kumo
まちかど情報センター公式ホームページはこちらです→



| まちかど情報センターひびきろ | お店マップ | comments(0) | trackbacks(0) |
いしおかお店めぐり─ 峭眞羸顕崚后
takanaka■胡蝶蘭やシンビジウムに彩られたひときわ華やかなショーウィンドウの高中生花店で、おかみさんにお話を伺いました。まず、石岡の今と昔の違いについてお話を伺いました。
 「私がこちらに嫁いできた頃は石岡の街は本当にたくさんの方がお買い物に来て駅前の通りも賑やかでした。また、当時は生け花教室通いが盛んで、個人のお教室はもちろん、会社帰りの女性に生け花を教えるということが一般的でした。先生方が授業で使うお花の注文が殺到して、ご希望のお花を揃えるのが大変でした。今は、時代が変わり、生け花用の花を注文される方から、贈り物に生花をお使いになる方が増えてきました。



takanaka2「最近は、冠婚葬祭のお仕事をお引き受けすることが多いのですが、お花を届けるだけではなく人手も必要になるので、お店はいったん閉めて、そちらに専念するということもあります。また、駅前で唯一花の宅配サービスの加盟店なのですが、お客様はカタログを見て注文されるので、満足いただけるか大変神経を使います。」と現在の仕事についてもお話をきかせていただきました。時代とともにご苦労もまた変わってきているのですね。


takanaka3最後に石岡のまちが活性化するためのアイデアをお聞きしたところ、
「何かイベントをするということも大事ですが、やはり私たちのような業種であれば、とにかく『本業』を一生懸命やる、ということが一番大事なことではないでしょうか。この店でなくてはいけない、というサービスを提供できた時が一番うれしい瞬間です。また、駅前通りは早々に閉めてしまうお店が多いので、せめても明るく通りを照らしていたい!という思いで、7時までお店の照明をつけています。」一筋に商売を営んでいらっしゃるお店ならではのお答えに新たな活性化のヒントを得た気持ちになりました。



ミニニ石岡お店めぐりマップはこちらです。見る

お問い合わせ:machikado3116@saturn.plala.or.jp
kumo
まちかど情報センター公式ホームページはこちらです→



| まちかど情報センターひびきろ | お店マップ | comments(0) | trackbacks(0) |
石岡お店めぐりА仝美容室
hikari1第7回は、「光美容室」さんです。お話を常務で、茨城理容美容専門学校の講師でもいらっしゃる柏木仁美さんに伺いました。柏木さんのお母様で長く、お父様の運営される専門学校で指導なさっていたお母様が、昭和42年に開業されました。当初は学校での指導と美容院での仕事という二足のわらじを履いてお仕事をこなされていらしたそうです。茨城理容美容専門学校は、現在も全国トップの合格率を誇っています。美容師の育成というお仕事と実践的に育った美容師たちとお客様と向き合う仕事を両立されて、今の光美容室を築いていらっしゃいました。おはな「美容院も次々に郊外型の新しいスタイルのお店が出来、競争が生じますが、しっかりした技術、ていねいな接客など、美容院本来のスタイルを守ることにより、お客さんに心から満足してもらえるように努力しています。美容院は、女性にとって、ただ髪を切るだけではなく、ゆっくりとぜいたくにすごす大切な時間でもあるのではないでしょうか。」「石岡にかぎらず、景気が悪ければ、じっと耐えなければならない時期もありますが、悪い時にもあきらめずたゆまぬ努力を続けることで道を将来につなぐことができると思います。」これまでの経験に裏打ちされた経営哲学をうかがうことができとても勇気づけられました。「新しい石岡の発展には、女性の目、石岡の外から来た人の目、観光で訪れた人の目、など新しい角度からの視点をもった存在が必要です。情報センターもそのひとつの役割と言えると思いますので、がんばって活動を継続させてください。」と激励していただきました。


tenchou店長の吉水さんにお話を伺いました。おはな「私はこのお店に勤続30年になり、6人のスタッフも長く勤めているものが多いのですが、お客様もおばあちゃまが孫を連れてきたり、小さい時からカットしている女の子の成人式を結ったりと、長く通ってくださる方が多いんです。”日本髪の結える美容院”というのもうちのお店の自慢です。全てのスタッフが日本髪等のアップが結えるスキルをもっているところはめずらしいんですよ。」石岡のおまつりの時にはアップにする女性のお客さまで大忙しになるとか。ちなみにおまつりの時は”夜会巻き”というスタイルが主流なのだそうです。日本髪の技術がこういうときにも生かされるのでしょうね。



hikari2スタッフの皆さんとお店の目印のかわいい看板。
店長さん以下スタッフは全員美容学校の卒業生です。
ひときわ目を引くショーウィンドーの丸髷のミニチュア模型。
お客様はカットしながら、TVを見ることもできます。


ミニニ石岡お店めぐりマップはこちらです。見る

お問い合わせ:machikado3116@saturn.plala.or.jp
kumo
まちかど情報センター公式ホームページはこちらです→



| まちかど情報センターひびきろ | お店マップ | comments(0) | trackbacks(0) |
いしおかお店めぐりΑ屮哀譟璽后
grace1■第6回は、エレガンスファッション"Grace"グレースさんを訪れました。駅前にはめずらしい女性向けのファッションブティックです。ショーウィンドウには、秋物のお洋服が飾られています。取材に伺った日はちょうど店内で「メノーカメオ展」が開かれていましたので、まずは、メノーカメオについて、社長さんに教えていただきました。おはな「カメオの中には大きく分けて、シェルカメオとストーンカメオの2種類があり、今回展示されているものは、ストンカメオの中のメノーカメオというもので、カメオの彫刻家の中でも特に代表的なアーチスト、ゲルハルト・シュミットの作品です。」日本でも取り扱っているお店は少ないということでした。説明を聞きながら、拝見するうちに、一つ一つの作品の精密さ、美しさにすっかり魅了されてしまいました。同時に、こんな貴重なコレクションをもっと多くの方に知ってもらえればと、すこし残念でした。今後は、情報センターを利用される方にも商店のイベントをもっとご案内できれば、と思います。おはな「うちは高級なお洋服ばかりかと、なかなか気軽に立ち寄れないのでは、と思いますが、お店には他にも楽しい小物やお手軽な値段のものもたくさん置いてありますから、きっと喜んでいただけますよ。」と社長さんがおっしゃるとおり、お洋服以外にも、国内外で買付けされためずらしい小物がたくさんあります。シニアグラスやアクセサリー、ハンカチやストッキングなど見るだけで楽しくなります。
■お店のお名前「グレース」はギリシャ神話の美の女神からとったものだそうです。お店を始めて30年、石岡の町の変わり様を見てきた社長さんに昔の石岡、今の石岡についても伺いました。おはな「今は大人も子供も、仕事、学校に忙しく、ゆとりがないのかもしれませんね。専業主婦も減り、女性は家事と仕事でもっと忙しくなったし…」とだんだん育児談義、教育談義になってきました(笑)。こういうざっくばらんな世間話をするお店がたくさんあると知ると、街あるきがもっと楽しくなるのではないかと思います。楽しいお話ありがとうございました。



grace2
天才彫刻家「ゲルハルト・シュミット」の恵まれた天性から生み出される
高度な彫刻芸術と独創的なデザインの数々
メノーカメオとはnext


ミニニ石岡お店めぐりマップはこちらです。見る

お問い合わせ:machikado3116@saturn.plala.or.jp
kumo
まちかど情報センター公式ホームページはこちらです→



| まちかど情報センターひびきろ | お店マップ | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>