石岡市 まちかど情報センター  「ひびきろ」

まちかど情報センターは,茨城県石岡市の中心市街地活性化の第1弾として,空き店舗を利用した施設です。
さまざまな事業を通して人と人とが交流し、心の通い合うまちづくりをめざします。
このブログはスタッフが書く日々の記録(ひびきろ)です。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>




インターネット放送

を視聴するときは、
上の画像をクリックしてください



http://business1.plala.or.jp/matikado/
まちかど情報センター



     <ご案内>

住所:
石岡市国府三丁目1-16

開館時間:
午前10時〜午後8時まで

休館日:
木曜日(祝祭日の場合は除きます)
年末年始12月28日〜翌年1月4日

市民サロンにて,軽食程度は可能。
ゴミは持ち帰っていただきます。
館内はタバコ・アルコール厳禁!

お問い合わせ:
TEL 0299-27-5171
FAX 0299-27-5172

machikado3116@saturn.plala.or.jp  


   <施設の内容>

■市民サロンで情報交換

●広域観光情報・情報掲示板
●市民団体のメールボックス
●イベント情報 
●防災情報
●情報誌「まちかどくん」
●仲間とのおしゃべりタイム
★飲み物の販売(お茶・コーヒーなど)



■10〜20人の
  市民の会議室


●団体や商店会・町内会の会議のほかいろいろな講座や講演会に利用できます。
●OHP・パソコンプレゼンテーション機器が用意してあるます。
★使用は無料です。
★予約が必要となります。
 →会議室の詳細はこちら



■インターネット体験

●まちかど情報センターには4台のパソコンが配備され,使用することができます。
もちろんインターネットにもアクセスできます。
★利用時間は
  
一人30分1日2回まで
★使用は無料です
  ※プリンタ出力した場合は
   別途料金がかかります。



■大型ハイビジョンシアター

●市内イベント・講演会中継
●石岡市議会中継



■市役所機能の窓口

●自動交付機で印鑑証明
   ・住民票の交付



■コピー&プリント料金


2015年4月1日より
★コピー
 1枚10円

★プリンタ出力

 プリンター(白黒)/1枚10円
 
★印刷機  製版/1枚100円
     印刷代 1枚につき2円
【用紙は持ち込みになります 用紙をお持ちでない方は用紙代として別途1枚1円、A3,B4は1枚2円】

 


■地図→ ここをクリック





■臨時駐車場周辺マップ→  ここをクリック



■石岡お店めぐりマップ→ここをクリック



■周辺マップと検索→ここをクリック

■QRコード 三次元バーコード


LINKS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


お問い合わせ:machikado3116@saturn.plala.or.jp
kumo
まちかど情報センター公式ホームページはこちらです→



| スポンサードリンク | - | - | - |
10月のおはなしなあに
おはなしなあに



10月11日(土)の「おはなしなあに」で読んだ本・紙芝居です

本「ねずみ長者」
       脚本:川崎 太治  画:久保 雅勇
       やさしいおじいさんがねずみにおにぎりをごちそうして
       長者になりました。悪いおじいさんは欲張ってねずみにかまれて
       宝物はもらえませんでした。

本「ねずみくん 大きくなったらなにになる?」
       作:なかえ よしお 絵:上野 紀子
       「ねずみくんは大きくなったらなにになるの?」
       ねみちゃんの質問にねずみくんは考えこみます。
       そしてねずみくんのとくいわざ「かじること」をいかして
       「やさしい歯医者さん」になることにしました。
       もちろんねみちゃんがかんごしさんです。 
    
本「お月さまってどんなあじ?」
        絵と文:マイケル・グレイニエツ  訳:いずみ ちほこ
        お月さまってどんな味なのかな?
        動物たちがどんどん背中にのって
        お月さまに近づいていきます。
        一番小さいねずみがとうとうお月さまをひとかじり。
        ねずみは動物たちにもわけてあげました。
        お月さまはみんながそれぞれ一番好きな味がしました。    

本「ヒッポちゃんのママ、どこにいるの?」 Mommy,Where Are You?
作:ハリエット・ジーファート  絵:エミリーブーン 訳:金原 真知子
        かばのヒッポちゃんはいつも「ママ、どこにいるの?」
        と大好きなママをさがします。 

nezumi昨日の「おはなしなあに」には、4歳位の男の子を連れたご両親と、ベトナムから来られている若い2人の女性も参加して下さって、初めにハンカチねずみ作りをしました。何回か作り直しをしてやっと完成。とても喜んでいただきました。
    

きのこレッド次回のおはなしなあには、
11月8日(土)です。きのこブルー


報告がおそくなりましたが、ご参考までに
8月9日(土)の「おはなしなあに」で読んだ本・紙芝居です。

本「かっぱのかめ」(紙芝居 須藤出穂/脚本 沼野正子/絵)
   いたずらカッパを救った和尚さん。カッパはお礼に不思議なつぼをプレゼント。
   つぼから聞こえる不思議な音に癒される村人達のお話。
   
本「あめ! Rain」(マニャ・ストイッチュ/作 くどうなおこ/訳)
   おひさまかんかん、熱い大地に雨がやってくる。乾いた大地の動物達は大喜び。
   あめあめふれふれもっとふれ。雨粒飲んで木陰でゆっくり一休み。
   
本まほうのわ(工作遊び)
   使用済みのカレンダー用紙を使って、まほうのわを作りました。
   細く切って、わっかにして、半分に切ったら輪が二つ。
   一回ねじったわっかを、半分に切ったら、どうなる?二回ねじったら・・・?
   
本「かわいそうなぞう」(つちやゆきお/ぶん たけべもといちろう/え)
   戦争によって殺されてしまったぞうの悲しいお話。
   オリがこわれて、人々に害を与えることを恐れ、
   食べ物を与えず死なせてしまいました。
   3・4年の男の子たちが、集中して聞いていました。   

本詩「あつい日」(山崎るり子/作)
   「あついひ あついひ あっちいけ」 最近の心境そのものです。
   
本「ひとくちぱくり」(木曽秀夫/作・絵)
   すいかを10個に切って、動物達がひとくち「○○○」とかじります。
   ありは「ちくり」。げじげじむしは「かじり」。ねずみは「ちゅくり」。
   かばはひとくち「ぱくり」でおしまい!



お問い合わせ:machikado3116@saturn.plala.or.jp
kumo
まちかど情報センター公式ホームページはこちらです→



| まちかど情報センターひびきろ | おはなしなあに | comments(0) | trackbacks(0) |
5月のおはなしなあに
おはなしなあに



5月10日(土)の「おはなしなあに」で読んだ本・紙芝居です

  本「はらっぱでみつけたよ」(紙芝居 わしおとしこ/作 あきくさあい/絵)
  あげはちょうは、なんで「あげはちょう」っていうのかな?
  なずなはなんで「なずな」っていうのかな?お話聞いたらわかっちゃいます。
   

  本「わにさんどきっ はいしゃさんどきっ」(五味太郎/作)
  わには歯医者さんがこわい。歯医者さんは、わにがこわい。
  でも、頑張ります。同じせりふを、わに側から、歯医者さん側から、
  

  本「くれよんのくろくん」(なかやみわ/作)
  くれよんのなかまたちは、画用紙に絵を描き始めます。
  でも、くろくんは、なかなか仲間に入れてもらえません。
  だけど最後にびっくりするような絵が、くろくんのおかげで出来るのです。
  

  本「How do you do? はじめまして」(新沢 としひこ 作 デレック・ウェスマン訳)
  「はじめまして」の英語版。子どもも大人も、みんな声に出して、
  「How do you do?」を楽しみました。


  本「うんちっち」(ステファニー・ブレイク/作 ふしみみさお/訳))
  シモンは何を言っても、「うんちっち」としか答えません。
  そして、オオカミに食べられてしまったシモンを、パパが助けてくれます。
  「うんちっち」のところを、みんなで声を出してもらいました。
 

母の日まじかの土曜日でしたので、
傍らでコーラス練習中のわらべの会の先生にリードしてもらい、、
「お馬の親子」を皆でうたって、
今日の「おはなしなあに」を終わりました。

Tシャツ次回のおはなしなあには、
6月14日(土)です。ジーンズ


靴公開講座は、第三土曜日になっています。
お間違えのないようにご留意ください。


matane

いす「おはなしなあに」では、6月21日(土)に、作家の依田逸夫さんをお迎えして公開講座を企画しています。
 

■この講演会は、主に、絵本の好きな大人の方、学校の先生や学校図書館司書の方、日ごろ読み聞かせなどで子供たちに接していらっしゃる方向けの講演です。ご興味がある方のご参加をお待ちしています
 
 依田逸夫さんのプロフィール:東京都公立小学校に38年間勤務後、学校図書館活動、読書指導、国語教科書の編纂などに携わってこられ、現在、全国学校図書館協議会参与。また、学校ボランティアとして、絵本の読み聞かせをしている一方、たくさんの著書がおありです。最近の著書「絵本がつなぐ子どもとおとな」(アリス館)では、ご自身の読み聞かせ体験の中から、いろいろな絵本を、子ども達と楽しんだ時の様子とともに紹介されていて、大変興味深く読めます。

お問い合わせ:machikado3116@saturn.plala.or.jp
kumo
まちかど情報センター公式ホームページはこちらです→



| まちかど情報センターひびきろ | おはなしなあに | comments(0) | trackbacks(0) |
4月のおはなしなあに
おはなしなあに



4月12日(土)の「おはなしなあに」で読んだ本・紙芝居です


 本「あめたろう」(紙芝居 神沢利子/作 金沢佑光/画)
  雨の降らない日が続き、たろうは、ばあさまに水を飲ませたい一心で、
  山の杉の木にのぼって、天の川へ行こうとします。
  太郎の一生懸命さが心にしみます。

 本「なんでしょ なんでしょ」(高畠純/作)
  海辺に棒で絵を描きます。何の絵かな?
  答えは次のページ。意外なものが出てきてびっくり。
  最後は、絵本の最初につながるような作りになっています。

 本「たのしいABC」(フランソワーズ さく・え なかがわちひろ やく)
  AからZまでの文字が頭につく単語が、一ページごとに紹介されています。
  フランソワーズの絵がほのぼのしててなつかしい。
  
 本「たべものうた」(たかぎあきこ/うた やまわきゆりこ/え)
  何の食べ物の詩かを、タイトルを読まずに当ててもらいました。
  なかなか難しかったようでした。

 本「ねっこぼっこ」(ジビュレ・フォン・オルファース/作 秦理絵子/訳)
  ねっこぼっこが春の準備を始めます。服を縫ったり、虫のしたくを手伝ったり。
  この季節にぴったりの、オルファースの代表作。
   

よつばのクローバー 次回は5月10日(土)2時からです。 よつばのクローバー


tulip


チューリップ「おはなしなあに」では、6月21日(土)に、作家の依田逸夫さんをお迎えして講演会を企画しています。
 
 
  依田さんは、東京都公立小学校に38年間勤務後、学校図書館活動、読書指導、国語教科書の編纂などに携わってこられ、現在、全国学校図書館協議会参与。また、学校ボランティアとして、絵本の読み聞かせをしている一方、たくさんの著書がおありです。最近の著書「絵本がつなぐ子どもとおとな」(アリス館)では、ご自身の読み聞かせ体験の中から、いろいろな絵本を、子ども達と楽しんだ時の様子とともに紹介されていて、大変興味深く読めます。

お問い合わせ:machikado3116@saturn.plala.or.jp
kumo
まちかど情報センター公式ホームページはこちらです→



| まちかど情報センターひびきろ | おはなしなあに | comments(0) | trackbacks(0) |
3月の「おはなしなあに」
おはなしなあに



3月8日(土)の「おはなしなあに」で読んだ本・紙芝居です


 本「あめだま」(紙芝居 新美 南吉/作)
    うららかな春の日、渡し舟に強面のお侍さんが乗り込んできました。
     さて、どうなるでしょう? 
 
 本「メイシーちゃんの大きい小さい(ルーシー・カズンズ/作 なぎ ともこ/訳)
    あついーさむい うれしいーかなしい おすーひっぱる
    英語だったらなんていう?  子ども達と一緒に読みました。

 本「はなのあなのはなし」(やぎゅう げんいちろう/作)
    みんな持っているはなの穴。はなの穴にはいろんな大事な役目があります。
     
 本「まるまる ころころ」(得田 之久/文 織茂 恭子/絵)
    いろんな丸が出てきて、いろんな形を作ります。 さて何になるのかな?
     
 本「ゆうびんでーす」(間瀬 なおかた/作 絵)
    まだ雪の残る森に、手紙を届けにきた郵便やさん。
    何を届けにきたのでしょう?
 
 本「いろいろごはん」(山岡 ひかる/作)
    みんな大好きなごはん。
    おにぎり、チャーハン・・いろんな種類に変身しました。何が好きかな?  

春本番の暖かさとなった土曜日、
会場がお雛様で飾られていたので、いつもと違うセッテイング。
読み手と子ども達の距離が近く、集中した30分でした。


よつばのクローバー 次回は4月12日(土)2時からです。よつばのクローバー


kurokasu



皆様のおいでをお待ちしています。

お問い合わせ:machikado3116@saturn.plala.or.jp
kumo
まちかど情報センター公式ホームページはこちらです→



| まちかど情報センターひびきろ | おはなしなあに | comments(0) | trackbacks(0) |
2月のおはなしなあに
おはなしなあに



2月9日(土)の「おはなしなあに」で読んだ本・紙芝居です


 本「たのきゅう」(紙芝居 松谷みよ子/監修 渋谷勲/脚本 藤田勝治/画)
  峠のうわばみのせいで病気になった母を見舞った、たのきゅう。
  うわばみの苦手な タバコのやにと、かきの渋でやっつけます。
    
 本「I say,You say とりかえっこ」(さとう わきこ作)
  「とりかえっこ」の英語版。ひよこが、出会った生き物と、
  鳴き声をつぎつぎと取り替えます。日本語と鳴き声が違います。
  
 本「きりなしうた しゅくだいはやくやりなさい」(詩 谷川俊太郎)
    「しゅくだいはやくやりなさい 
      おなかがすいてできないよ
    ほっとけーきをやけばいい 
      こながないからやけません・・・・・」 
  
 本いろいろたまご(山岡ひかる/作)
  玉子はいろいろな料理に変身します。
  オムレツ・目玉焼き・ゆで卵・・・。
  よく知っていることなのに、この作家にかかると、
  こんなにもステキな絵本に変身します。

 本「こねこのチョコレート」 (B.K.ウィルソン/作 小林 いづみ/訳 大社 玲子/絵)
  ジェミーは、弟の誕生日プレゼントにに、こねこのチョコレートを買います。
  そして、たんすの中にしまうのですが、どうしても気になったあげく、
  ひとつ、またひとつ、とチョコレートはジェミーの口の中へ。さぁ、どうなる?
  納得できる結末がちゃんと描かれています。


荒れたお天気の一日でしたね。
そんな中でも、情報センターには、お雛様巡りをする方の姿が見えました。
甘酒のサービスもあって、喜ばれていました。


よつばのクローバー 次回は3月8日(土)2時からです。よつばのクローバー


kotori

皆様のおいでをお待ちしています。




お問い合わせ:machikado3116@saturn.plala.or.jp
kumo
まちかど情報センター公式ホームページはこちらです→



| まちかど情報センターひびきろ | おはなしなあに | comments(0) | trackbacks(0) |
1月のおはなしなあに
おはなしなあに



1月12日(土)の「おはなしなあに」で読んだ本・紙芝居です


 本「ねずみちょうじゃ」(紙芝居 川崎大治/脚本 久保雅勇/画)
   ねずみ年の、今年の最初の紙芝居は、やはりこれ。
   心の優しいおじいさんは長者に。

 本1 2 3 インドのかずのえほん
  (アヌシュカ・ラビシャンカール シリシュ・ラオ/ぶん 石津ちひろ/やく)
   みんなで「One,Two,Three,・・・」と数えると、
   おもしろい」という声が聞こえました。

 本「ねぎぼうずのあさたろう3」(飯野和好/作)
   今作では、行き倒れの娘を助けるあさたろう。
   
 本「おにたのぼうし」(あまんきみこ/文 いわさきちひろ/絵)
   節分になると豆をぶつけられ、嫌われ者のおに。
   このおはなしでは「おにた」という優しい鬼が主人公です。
   
今月の「おはなしなあに」には、雨風にもかかわらず、
親子連れのお客様が見えました。
また、紙芝居は幼稚園以来だと言う中学生3人も!
最後まで楽しんでくれました。
お正月なので、この後、かるたとりをしました。
中学生3人、小学生ひとり、4歳と2歳くらいの6名。
最初は遠慮がちだった中学生も、だんだん本気になって・・・。
皆で楽しみました。


おでんゆき熱燗 次回は2月9日(土)2時からです。おでんゆき熱燗


inu


皆様のおいでをお待ちしています。


お問い合わせ:machikado3116@saturn.plala.or.jp
kumo
まちかど情報センター公式ホームページはこちらです→



| まちかど情報センターひびきろ | おはなしなあに | comments(0) | trackbacks(0) |
12月のおはなしなあに
おはなしなあに



12月8日(土)の「おはなしなあに」で読んだ本・紙芝居です


本おおみそかのおきゃくさま(紙芝居 矢崎節夫/文 藤本四郎/画)
 大晦日に、旅の坊様が一夜の宿を求めますが、お金持ちは追い払ってしまいます。貧乏な家では快く招き入れました。それが命運を分けます。

本「きょうのわたしはソワソワワクワク」
  (ジェイミー・リー・カーティス/作 ローラ・コーネル/絵 坂上香/訳)
 毎日変わるその日の気分を、いろいろな言葉で表します。
 「だんまり、シーン」「めそめそしくしく」「うっきうき」「るんるんるん」・・・。
 きょうのあなたは、どんな気分? 

本「ゆきがふりはじめたら」
    (マーティン・マティア/絵 フィリス・ゲイシャイトー/文 小池昌代/訳)
  雪が降り始めたら、君はなにをする?どこへ行くの?
  毎ページいろいろな生き物が出てきて、答えていきます。
  雪が降ったら、あなたは、なにをします? 
  
本「ちいさいね おおきいね Little & BIg」(フランク アッシュ/作)
  最初に小さいもの。右側のページが開いて、大きなものに展開します。
  その作りにまず、感心します。皆で英語で読みました。   

本*「へんしんプレゼント」(あきやまただし/作)
  サンタクロースがプレゼントするのは、みかちゃんには「かみ」、
  かずおさんには「おかず」。
  砂漠の真ん中で「どいさん」に「いど」をプレゼント、には、
  大人たちは笑ってしまいました。

新しい年も、また、「おはなしなあに」のメンバー一同、
心を合わせて、新たな気持ちでやっていきます。
どうぞよろしくお願いします。



 凧次回は1月12日(土)2時からです。鏡もち 

santabousi

皆様のおいでをお待ちしています


お問い合わせ:machikado3116@saturn.plala.or.jp
kumo
まちかど情報センター公式ホームページはこちらです→



| まちかど情報センターひびきろ | おはなしなあに | comments(0) | trackbacks(0) |
11月のおはなしなあに
おはなしなあに



11月10日(土)の「おはなしなあに」で読んだ本・紙芝居です


本「きんの がちょう」(紙芝居 川崎 大治/脚本 田中 武紫/画)
  グリム童話としてよく知られたお話です。
  金のがちょうに三人の娘さん・お坊さん・おばさん・兵隊・馬などがくっついて、
  それを見たお姫様が笑って・・・、結末に納得します。

本「BAKU KU KU KU」(五味 太郎/作)
  英悟だけで、みんなで読みました。
  結構子どもたちって、抵抗がないようです。

本「ふしぎなおるすばん」7分程度(斉藤 永美・岡本 順)
  お母さんがでかけて、ぼくはお留守番。そうだ!しりとりしよう。
  しりとり、りんご、ごりら、らくだ・・・。最後はちゃんと「おかあさん」。
  
本「がまの油」(斉藤 孝/著 長谷川 義史/絵)
  がまの油売りの名調子が絵本になりました。
  いつもとはちょっと違う「ノリ」で読みました。
  
本「おならうた」(詩 谷川 俊太郎/作)
  「いもくって ぶ」で始まる、とってもおかしい詩。
  一度目は調子よく。2回目はふたりで、
  3回目は皆も参加して読みました。大好評。
  
本「ひゅるりとかぜがふくおかで」(ふくだとしお/作)
  木から落ちた実を虫が食べ、その虫を魚が食べ、魚を鳥が食べ、
  と、どんどん続いて、「男が鳥をうちおとし、感謝をささげて食べました」。
  男はそして、種を植えます。10年経って木から実が落ちて・・。

今日の「おはなしなあに」には、
市内のF小学校の3年生の児童3名が、総合学習の勉強で、
見学に来ました。熱心に聴いて、終了後の反省会にも参加してくれて、
感想や、今日一番楽しかった絵本をそれぞれ教えてくれました。


 ブーツ次回は12月8日(土)2時からです。ブーツ 

anime1

皆様のおいでをお待ちしています


お問い合わせ:machikado3116@saturn.plala.or.jp
kumo
まちかど情報センター公式ホームページはこちらです→



| まちかど情報センターひびきろ | おはなしなあに | comments(0) | trackbacks(0) |
10月のおはなしなあに
おはなしなあに


金木犀のかおりが漂ってくる季節となりました。
10月13日(土)の「おはなしなあに」で読んだ本・紙芝居です


本「なんか なんか あるよ」(小野寺悦子 脚本・山内和朗 絵)
 いろいろな色のなかに、なんかなんかあるよ!さあ、なんだろな。きいろ、あか、みどり・・・色や形が楽しい紙芝居です。


本「ぼくんちカレーライス」(つちだのぶこ 作)
 ぼく、急にカレーが食べたくなっちゃって、そしたら、どんどんみんなに伝染して、町中みんなで、今夜の晩御飯はカレーライス!無性にカレーが食べたい・・そんな気持ちがよく伝わってきます。

 
本「それゆけさかなくん」(ルーシー・カズンズ 作・なぎ ともこ訳)
 さかながいっぱい、友だちいっぱいの絵本。いろいろな形や名前の魚の絵本を、英語で読みました。

本「わたしもすっごい魔女になるんだ!」(ミッシェル・ヴァン・セブン 作・金原 瑞人 訳)
 ハロウィンの10月に、魔女のお話を読みました。魔女って、子どもの頃凄くあこ
がれました。でも、魔女でも、子どもは魔法を使っちゃダメなんですって。

  
本「おじいちゃんのごくらくごくらく」(西本鶏介 作・長谷川義文 絵)
 おじいちゃんが大好きな男の子と、おじいちゃんの、優しい物語でした。



あっかんべー 次回は11月10日(土)2時からです。唖然 

kabocha

”Trick or treat!”


 
 皆様のおいでをお待ちしています



◇◆◇主催 NPO法人まちづくり市民会議◇◆◇



お問い合わせ:machikado3116@saturn.plala.or.jp
kumo
まちかど情報センター公式ホームページはこちらです→



| まちかど情報センターひびきろ | おはなしなあに | comments(0) | trackbacks(0) |
9月のおはなしなあに
おはなしなあに


9月8日(土)の「おはなしなあに」で読んだ本・紙芝居です


本「ねずみきょう」(紙芝居 脚本/武士田 忠 画/渡辺有一)
  「おんちょろちょろのあなのぞき〜」旅のぼうさんに教わったお経で、
  おばあさんは難を逃れます。そうとは知らず・・。

本「きはなんにもいわないの」(片山健/作)
  すーくんはお、お父さんと近所の公園に行きます。
  木になったお父さんにいろいろ話しかけても、「きはなんにもいわないの」。

 
本「クマゼミ」(詩 内田麟太郎/作)
  「わしわしわしわし・・・・」今日は、せみも元気な一日でした。
  
本「ぼくびょうきじゃないよ」(角野 栄子/作 垂石 真子/絵)
  明日は楽しみにしていた釣りだというのに、ケンは風邪をひいてしまいます。
  そこへ、くまのお医者さんがやってきて、くま式治療法で直してくれます。


本「おつきみうさぎ」(中川ひろたか/文 村上康成/絵)
  お月見の日。野原で不思議なウサギを見つけて、つれて帰り、
  お供え物をして、みんなでお月見をしていると、「月にうさぎがいない」!
  お月見だんごの作り方も載ってます。



三日月 次回は10月13日(土)2時からです。半月

 usaginomotituki

 皆様のおいでをお待ちしています



◇◆◇主催 NPO法人まちづくり市民会議◇◆◇



お問い合わせ:machikado3116@saturn.plala.or.jp
kumo
まちかど情報センター公式ホームページはこちらです→



| まちかど情報センターひびきろ | おはなしなあに | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>